> > NHKがスタジオ向け白色LED照明を開発 「軍師官兵衛」でさっそく使用

NHKがスタジオ向け白色LED照明を開発 「軍師官兵衛」でさっそく使用

記事を保存
NHKがスタジオ向け白色LED照明を開発 「軍師官兵衛」でさっそく使用

NHKは、25日、クルムス(Cl_MS)蛍光体を用いた目に優しい白色LED照明器具を小糸製作所と共同で開発したと発表した。

現在、NHKでは、省エネルギー光源としてテレビ番組の制作現場における白色LED照明器具の導入を進めているが、一部の出演者から「光源が視界に入るとまぶしく感じる」という声が寄せられていた。

クルムス蛍光体を用いた白色LEDは、従来の白色LEDと比べてフラットな分光スペクトル特性(光の波長ごとの強度分布)に特徴があり、また発光面積を大きく設計できるため、出演者が光源を直視した際のまぶしさを低減することができる。

今回、スタジオでキャスターを照らす「キャスターライト」と、ロケや中継で使用する「ソフトライト」の2種類の照明器具を試作して、従来型の白色LED照明器具との比較評価を実施した。その結果、約9割の回答者から「試作品はまぶしくない」との回答を得た。

また、演色性にも優れており、5月25日(日)放送予定のNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」(第21話・官兵衛幽閉シーン)の収録でも使用した。今後、さらに番組での試用などを重ね、番組制作用照明器具としての最適化を図っていく予定。

従来の白色LEDは、分光スペクトル特性で、青色成分に強いピークを示すものが多かった。クルムス蛍光体は紫色光を吸収し、黄色に発光する蛍光体。平成24年に小糸製作所、東京工業大学、名古屋大学が開発した。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.