> > 柏の葉スマートシティ、国内最大級3.8MWhの大容量蓄電池システム導入

柏の葉スマートシティ、国内最大級3.8MWhの大容量蓄電池システム導入

 印刷 記事を保存

日立製作所と日立化成は、国内最大級となる3.8MWhの大容量リチウムイオン蓄電池システムを、三井不動産が手がける柏の葉スマートシティ(千葉県柏市)に納入した。この蓄電池システムは、日立が柏の葉スマートシティに納入した「柏の葉エリアエネルギー管理システム(AEMS)」と連係し、柏の葉スマートシティでの電力融通や需給変動制御、停電時のライフライン維持を支える設備として、5月中旬から稼働を開始する。

同蓄電池システムには、システム間情報伝達のコントロールユニットとして日立化成独自のバッテリーマネジメントユニットを採用。これにより全てのリチウムイオン蓄電池の状態の常時監視が可能となり、安全性を確保しながらリチウムイオン蓄電池の能力を最大限に活用できる。

(※全文:1,647文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.