> > 沖縄県の植物工場、専用LEDとShigyo法で高速栽培 電気代も3割削減

沖縄県の植物工場、専用LEDとShigyo法で高速栽培 電気代も3割削減

 印刷 記事を保存

昭和電工は、同社の植物育成用LED照明と高速栽培技術「Shigyo法」が、沖縄県の大手製パンメーカーぐしけんが運営する植物工場に採用されたと発表した。

昭和電工のLED照明は、植物の光合成に最適な深紅色(波長660nm)を世界最高輝度で発光できる同社独自のLEDと青色LEDを搭載するとともに、出力調整によりそれぞれの光の強度を容易に変更できる。また、「Shigyo法」は、昭和電工と山口大学が共同開発したもので、品種や生育時期に合わせた波長と強度の光を照射することで、植物の成長を加速させる植物工場用の高速栽培技術。

(※全文:704文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.