> > 東京消防庁、太陽光発電の防火対策を検証 距離規制緩和、感電防止用表示など提言

東京消防庁、太陽光発電の防火対策を検証 距離規制緩和、感電防止用表示など提言

 印刷 記事を保存

東京消防庁は、太陽光発電(PV)設備の設置が急速に進んでいることを踏まえ、太陽光発電設備に係る建物へ求める防火安全対策と、消防隊の消火活動中の感電防止対策について検討を行い、その結果を防火安全対策の提言として発表した。

同検討部会において検討された項目と、同会による結論は下記の通り。

  1. PVモジュールの燃焼性状の検証
    →太陽光発電パネルは延焼せず、1m以上離すと重大な熱的影響は与えない
  2. 規制場所へのPVモジュールの設置
    →1m以上離すと重大な熱的影響を与えないため、高架水槽等の距離規制が緩和可能
  3. 消防活動の安全を確保したPVモジュールの設置方法
    →壁材・窓材一体型は非常用侵入口等には設置しない、屋根への設置はスペースを
  4. 防火対象物に求める感電防止対策
    →PVモジュール~パワコン間の直流電流が流れている区間には表示を行うべき

(※全文:2,376文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.