> > 「大阪版BEMS事業者」の登録制度が開始 中小事業者の導入の参考に

「大阪版BEMS事業者」の登録制度が開始 中小事業者の導入の参考に

記事を保存
「大阪版BEMS事業者」の登録制度が開始 中小事業者の導入の参考に

おおさかスマートエネルギーセンターは、「おおさか版BEMS事業者」制度を開始した。

本制度は、電力会社との契約電力が50~200kW程度の中小事業者等を中心に、建物で使用するエネルギーの使用状況を見える化し、無理のない賢い電力需要のピークシフトや省エネのための具体的な方法を提案する事業者を登録・公表する制度。

制度の開始とともに、同センターでは、この事業者の募集を開始した。募集期間は5月23日まで。登録結果は6月上旬に公表予定。募集に伴い、5月9日に大阪府咲洲庁舎(大阪市住之江区)において登録説明会を開催する。参加希望者は事前申し込みが必要。ただし、登録にあたって説明会への出席は必須ではない。

登録対象者の主な要件は次の通り。

  • 建物全体、主要設備または系統別に電気またはエネルギーの使用量を計測し、電力のピークシフトまたは省エネのための具体的な提案サービスを行う事業者
  • 上記サービスを過去2年間において、電力会社との契約電力が200kW未満(高圧)の2以上の事業所に対して提供した実績のある事業者等

なお、おおさかスマートエネルギーセンターは、大阪府市共同でエネルギー関連事業の推進拠点として設置したもので、創エネ・省エネの普及に係る様々な事業を実施している。

【参考】
大阪府 - 中小事業者向けに電力の「見える化」等により節電を支援する事業者の登録制度を開始しました

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.