> > 三井住友建設の建材一体型太陽光発電、自然通風による省エネ効果も

三井住友建設の建材一体型太陽光発電、自然通風による省エネ効果も

 印刷 記事を保存

三井住友建設は、太陽光発電による「創エネルギー(アクティブソーラー)技術」と、自然通風と採暖による「省エネルギー(パッシブソーラー)技術」とを融合させた独自の建材一体型太陽光発電システムを開発し、自社施設に導入した。夏季には、発電効率を約4%向上させるとともに、外壁からの伝熱による冷房負荷のピーク値を約55%削減。冬季には、外気取り入れにともなう暖房負荷を約48%削減する。

同社は、昨年、曲面加工が可能なアモルファスシリコン薄膜太陽電池を用いたファサード(正面の外観)デザインによる建材一体型太陽光発電システムを開発し、自社施設に設置した。新システムは、「創エネとファサードデザインとの調和」という基本コンセプトを継承しながら、創エネと省エネを両立する機能を付加したもの。

(※全文:1,095文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.