> > 群馬県・古墳群内のメガソーラー、半年で93万kWh 予想の+25%発電

群馬県・古墳群内のメガソーラー、半年で93万kWh 予想の+25%発電

記事を保存
群馬県・古墳群内のメガソーラー、半年で93万kWh 予想の+25%発電

ソーラーフロンティア(東京都)は、同社製のCIS薄膜太陽電池が採用されている「おおた鶴生田町太陽光発電所(群馬県太田市)」の発電実績について、設置されたシステム(最大出力1,500kW)は稼働後6カ月で約930,000kWhを発電し、設置前想定発電量を25%上回り、順調に稼働していると発表した。

同発電所は、全国初の古墳群内(鶴生田古墳群)の太陽電池発電所。年間発電電力量は166万2,000kWh。年間CO2削減量は771トン。パネル枚数は9,600枚。同市が運営する3番目のメガソーラーとして、昨年10月1日に発電運転を開始した。

建設はJFEテクノスが行った

建設はJFEテクノスが行った

太田市では太陽光発電の推進にあたり、市内の公園に3種類の太陽光発電システム(微結晶タンデム型、多結晶型、CIS化合物型)を設置している。今回は、その中でもソーラーフロンティア製のCIS薄膜太陽電池の実発電量の高さが実証されたことになる。同市は、夏季に40℃以上を記録する同県館林市や埼玉県熊谷市に近接していることから、高温下でも発電量の低下が少ないCIS薄膜太陽電池の特長による高い実発電量が期待されている。

同社は、今後も太田市の「太陽光発電の推進による自然にやさしいまちづくり」をサポートするとともに、多様な環境下でも優れた性能を発揮するCIS薄膜太陽電池全国の再生可能エネルギー普及に貢献していきたい考えだ。

【参考】
群馬県の古墳群内にメガソーラー完成 歴史遺産を保存する工夫など駆使(2013/11/22)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.