> > 北海道に日本アジアグループ6ヶ所目のメガソーラー 10月に完成予定

北海道に日本アジアグループ6ヶ所目のメガソーラー 10月に完成予定

記事を保存
北海道に日本アジアグループ6ヶ所目のメガソーラー 10月に完成予定

中札内Ⅱソーラーウェイ建設予定地

日本アジアグループ傘下のJAG国際エナジーは、北海道中札内村の中札内村農業協同組合が所有する養鶏場跡地を活用した太陽光発電所「中札内Ⅱソーラーウェイ」の建設を開始した。

同グループにおいて北海道内で6ヶ所目、中札内村内では2ヶ所目となる太陽光発電所。出力は約2.4MW、年間発電量は一般家庭の年間電力消費量約720世帯に相当する規模。太陽光発電パネル東芝製。施工会社は東光電気工事。発電した電気はすべて北海道電力へ売電する。完成は今年10月の予定。

JAG国際エナジーは、再生可能エネルギー発電施設の開発・運営、関連するコンサルティング等を手がけ、国内外での発電所開発に取り組んでいる。中札内村では、昨年「中札内ソーラーウェイ」(出力1.5MW)を建設。そのほか群馬県館林市、香川県坂出市、宮崎県都農町などでも太陽光発電事業を展開している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.