> > 「欠けた」多層カーボンナノチューブに高い触媒活性 燃料電池の触媒として期待

「欠けた」多層カーボンナノチューブに高い触媒活性 燃料電池の触媒として期待

 印刷 記事を保存

東京工業大学は、欠陥構造を導入した多層カーボンナノチューブが、燃料電池や金属空気電池などの空気極(正極)に応用可能な高い触媒活性を持つことを発見し、金属酸化物微粒子の触媒活性を利用して、カーボンナノチューブ表面にナノオーダの細孔を形成•制御することを実現した。この構造はカーボンナノチューブの新たな触媒活性や貯蔵特性を付与し、多方面への応用が期待される。

今回の研究では、金属や窒素を添加していない純粋な炭素触媒の活性に着目。低コストで工業生産された多層カーボンナノチューブ「VGCF™(気相法炭素繊維)」を原料に用い、炭素の壁に欠陥を形成したあと、酸素官能基を除去した多層カーボンナノチューブが高い活性を有することを見出した。

(※全文:1,000文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.