> > 愛知県常滑市、市有地にメガソーラーを設置・運営する事業者を公募

愛知県常滑市、市有地にメガソーラーを設置・運営する事業者を公募

記事を保存

愛知県常滑市は、遊休市有地(常滑市大谷字坂森)において太陽光発電施設を設置・運営する事業者を公募する。事業面積は7,021.71平方メートル。設置場所は有償で貸与する。貸与金額は最低単価を年100円/平方メートル。

応募を希望する場合は、事前登録が必要。募集登録受付は6月2日、3日。6月中旬に現地説明会を行い、7月中旬に企画提案書を受け付ける。8月中旬に事業者を決定し、平成27年度に発電開始の予定。

常滑市には、愛知県が管理運営する「あいち臨空新エネルギー実証研究エリア」が立地しており、周辺地域では、官民一体となった取り組みで新エネルギーの導入促進を行っている。市では、県の協力を得ながら平成24年度より遊休市有地を活用したメガソーラー発電所設置に関する提案を民間事業者から募集し、2件のメガソーラー事業者を誘致している。

【参考】
常滑市 - 太陽光発電施設設置運営事業者公募

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.