> > 自動車メーカー8社が協力 オールジャパンで燃費向上・排ガス低減の研究

自動車メーカー8社が協力 オールジャパンで燃費向上・排ガス低減の研究

記事を保存
自動車メーカー8社が協力 オールジャパンで燃費向上・排ガス低減の研究

世界的に関心の高まる自動車用エンジンの高効率化、低排ガス化の課題に対して、オールジャパンで解決に取り組む共同研究組織「自動車用内燃機関技術研究組合(AICE)」が国内自動車メーカー8社および1団体により、4月1日に設立された。

同組合では、自動車の更なる燃費の向上・排出ガスの低減に向けて、内燃機関の燃焼技術および排出ガス浄化技術において、各企業が共通となっている課題について、自動車メーカーおよび研究機関が連携して基礎・応用研究を実施し、その成果を活用して各企業での開発をすることを目的としている。

同組合において、燃焼技術、後処理技術などの諸課題について科学的な現象の解明、モデル化、評価手法策定などを行い、その成果を各企業において製品開発に反映することで、より高性能な省燃焼および低排出ガスの内燃機関を市場に投入していくことを実用化の方向性としている。

共同で研究に取り組むことで、開発費等の削減、研究機関による学の技術力の享受、コア技術への資源の集中、を図るできるなどのメリットもある。また、広く将来を担う人材の育成につなげていく。

この取り組みにより、日本の内燃機関燃焼技術および排出ガス浄化技術の一層の向上を図り、国際競争力の向上に寄与することも狙いとしている。

同組合の事業費は約10億円(平成26年度経産省補助事業費含む)。組合員として、スズキ、ダイハツ工業、トヨタ自動車、日産自動車、富士重工業、本田技術研究所、マツダ、三菱自動車工業の自動車メーカー8社と、一般財団法人日本自動車研究所が参画する。理事長には大津啓司氏(本田技術研究所常務執行役員)が就任した。多くの大学・研究機関など他関連団体にも賛同を得て、取り組みの輪を広げていく予定だ。

なお、同組合は、理念として以下の二つを掲げる。

  1. 産学官の英知を結集し、将来に亘り有望な動力源の一つである内燃機関の基盤技術を強化し、世界をリードする日本の産業力の永続的な向上に貢献する。
  2. 産学官の相互啓発による研究推進により、日本の内燃機関に関する専門技術力の向上を図り、技術者および将来に亘り産学官連携を推進するリーダーを育成する。

【参考】
自動車用内燃機関技術研究組合(AICE) – ホームページ

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.