> > 宮古島などの再エネ導入には出力抑制対策を 沖電、連系協議の条件を発表

宮古島などの再エネ導入には出力抑制対策を 沖電、連系協議の条件を発表

 印刷 記事を保存

沖縄電力は、宮古島、石垣島及び久米島において、接続申込量が同社の設定した系統接続可能量を超えている状況となっている件について、受入困難と判断される場合であっても、接続に当たり一定期間の出力抑制を行うなど必要な対策を実施する場合は、引き続き、個別に検討、協議するとの見解を示している。

同社では、離島における再生可能エネルギー電気の導入状況、系統の状況及び接続可能な対策について、説明会を開催している。また、説明会の資料をウェブサイトに掲載し、問い合わせにも対応している。

宮古島での説明会は5月22日(木)に終了。石垣島での説明会は6月3日(火)に開催する。久米島での説明会は6月上旬を予定している。

(※全文:1,081文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.