> > 2種類の排温水を同時利用できる吸収冷温水機 従来比25%のガス削減

2種類の排温水を同時利用できる吸収冷温水機 従来比25%のガス削減

記事を保存
2種類の排温水を同時利用できる吸収冷温水機 従来比25%のガス削減

東邦ガスと日立アプライアンスは、温度帯や流量の異なる2種類の排温水(2温水)を1台のジェネリンクで利用できる「2温水回収ジェネリンク」を共同開発し、日立アプライアンスが販売を開始した。同製品を用いることで、排温水を利用しないナチュラルチラー(ガス吸収冷温水機)と比較して、主熱源の都市ガス消費量を冷房定格運転時に約25%削減、暖房定格運転時に約38%削減できる。

同製品は、工場や病院などに導入されているコジェネレーションシステムの排温水や、空気圧縮機をはじめとする機械から発生した排温水(未利用エネルギー)など、温度帯や流量の異なる2種類の排温水を国内で初めて熱源として利用可能とした。従来、2温水を回収し空調用の熱源に利用する場合は、一般的に2台の排温水回収・利用設備を設置していたが、同製品では1台で回収・利用できるため、スペースの有効活用や設備導入時のコスト低減も可能。

工場や病院などでは、コージェネレーションシステムの排温水や機械の動力源(空気)を供給する空気圧縮機から発生する排温水、工業炉の排熱など、使いきれていないエネルギーが数多く存在する。より一層の省エネルギー化を推進していくためには、これらの未利用エネルギーの有効活用が求められている。

なお、「ジェネリンク」は、 ガスエンジンコージェネレーションにリンクして熱を回収するナチュラルチラーの呼称。ガスエンジンなどからの排温水を補助熱源として空調用の冷温水を製造し、主熱源の都市ガス燃料の消費量を削減する。ジェネリンク自体に排熱回収器や制御装置を内蔵しているため、ガスエンジンと排温水配管を接続するだけで排熱の利用が可能となり、設計・施工が容易。補助熱源としては、ガスエンジンの排温水のほかに、太陽熱や工場排熱も利用されてきたが、従来は1種類だけの排温水利用が一般的だった。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.