> > 茨城県の工場跡地に3.5MWのメガソーラー 東芝製パネルを採用

茨城県の工場跡地に3.5MWのメガソーラー 東芝製パネルを採用

記事を保存
茨城県の工場跡地に3.5MWのメガソーラー 東芝製パネルを採用

日本アジアグループ傘下のJAG国際エナジーは、茨城県稲敷郡河内町に太陽光発電所「河内ソーラーウェイ」を建設した。

太陽光発電所「河内ソーラーウェイ」所在地

「河内ソーラーウェイ」所在地

同発電所の出力は約3.5MW、年間発電量は一般家庭の消費量約1,050世帯分に相当する規模。太陽光発電パネルは東芝製1万4,224枚。施工会社は東芝プラントシステム。発電した電力はすべて東京電力へ売電する。なお、敷地は民間企業が所有する約4万8,000平方メートルの工場跡地を取得したもの。

JAG国際エナジーは、再生可能エネルギー発電施設の開発・運営、関連するコンサルティング。全国規模での発電所開発に取り組んでおり、自治体や民間企業、個人等が所有・管理する遊休地や未利用地などに太陽光発電所を建設している。国内では北海道、群馬県館林市、香川県坂出市、宮崎県都農町等での開発実績を有する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.