> > コマツの新組立工場 省エネ・創エネで電力コスト90%削減目指す

コマツの新組立工場 省エネ・創エネで電力コスト90%削減目指す

記事を保存
コマツの新組立工場 省エネ・創エネで電力コスト90%削減目指す

コマツは、国内主力工場のひとつである粟津工場(石川県小松市)敷地内に竣工した新組立工場で、省エネと創エネの取り組みにより購入する電力量の9割削減を目指すと発表した。

新組立工場では、建屋統合による床面積削減効果に加え、最新の省エネ機器を採用することで2010年度に比べ電力使用量の半減を図っている。加えて、本年12月の稼働を予定しているバイオマス発電や太陽光発電パネルなどを活用し自らも電力を創出することにより、年間購買電力量を同じく90%以上削減することを目指している。

新組立工場は5月に竣工し生産を開始した。築40年を超えた2棟の組立工場を1つに集約するとともに、最新の省エネ、ICT、生産技術を導入することにより、環境性能と生産性を合わせ持つ未来を見据えた次世代組立工場を実現した。

具体的には、斬新な全面ピット構造を採用し、電源・配管および組立設備を地下のピット内に設置することで床上をフラット化。また、柱の間隔を最大32mに拡張することで生産エリアのスペースを十分に確保するとともに、協力企業と一体となり部品のモジュール化を促進することで組立ライン長さの短縮を図っている。更に、ラインオフ後の検査工程でもICTの活用により自動化を進めることで、面積生産性は2011年度に比べ2倍に改善される見込み。

新組立工場の延床面積は31,900平方メートル(生産工場:28,000平方メートル、事務所:3,900平方メートル)。生産品目は中・小型油圧ショベル、中・小型ホイールローダー、中・小型ブルドーザー、モーターグレーダー。投資額は約78億円。現時点ではホイール式車両の組立ラインのみが完成。クローラー式車両の組立ラインは本年7月に完成予定。

コマツは従来よりCO2削減による環境負荷低減に努めているが、2011年の東日本大震災以降は、全国的な電力不足にも対応するため、国内生産拠点において生産改革や建屋の統合・更新の実施により、電力使用量の半減および生産コストの大幅な削減を目指す活動を進めている。今回の粟津工場に続き、今年度は小山、栃木工場、その後は大阪工場でも積極的に活動を展開していく計画だ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.