> > 日本の圧縮水素容器、国際基準と同じに 燃料電池車の普及に一歩前進

日本の圧縮水素容器、国際基準と同じに 燃料電池車の普及に一歩前進

記事を保存

経済産業省は、平成26年5月30日付けで、高圧ガス保安法に基づく容器保安規則(「容器則」)などについて改正したと発表した。2015年までに燃料電池車や水素スタンドが本格普及する準備の一環として、世界技術規則を取り込むことなどが目的。

今回の改正の主な内容は、国際技術規則により追加された容器の定義とその扱いに関する項目で、具体的には下記のとおり。

「容器則」内で、世界技術規則によって規定された自動車の燃料装置用として圧縮水素を充塡するための容器を「国際圧縮水素自動車燃料装置用容器」として定義し規定することを決め、同容器に係る「最高充塡圧力」「公称使用圧力」「耐圧試験圧力」の定義を定めた。また、同容器への刻印記号を「GVH」と取り決めた。

なお、新基準の容器における再検査(外観検査及び漏えい試験など)の基準は、従来の容器と同等の基準とすることが、「容器則細目告示」に追加された。

「世界技術規則」は、正式名称を「水素及び燃料電池の自動車に関する世界技術規則」という。1998年にジュネーブで作成された協定に基づき2013年6月に採択された。今回の改正で、容器や基準が国際的に統一され、水素及び燃料電池車の普及促進が期待される。

【参考】
経済産業省 - 国際圧縮水素自動車燃料装置用容器を技術基準化します

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.