> > 3日で捨てられる野菜の賞味期限を5日に 生産コストも大幅カットの植物工場

3日で捨てられる野菜の賞味期限を5日に 生産コストも大幅カットの植物工場

 印刷 記事を保存

冷熱エンジニアリング総合企業の菱熱工業は、葉物野菜の新鮮度を出荷後5日程度まで伸ばすとともに、生産コストの大幅カットを実現した次世代型植物工場の設計・施工を行う「長鮮度野菜ファクトリー」事業を開始する。3年後には10億円の売上を目指す。

今までの植物工場は、建設するまでに高額の初期投資が必要であり、また生産に要する光熱費・運営費なども相当額に上るため、新規参入を目指す企業にとって障壁となっていた。また、葉物野菜は色ツヤなどを見て3日程度で捨てられてしまうのが常だった。

これらの問題点に対して、菱熱工業は、(1)出荷時からの賞味期限を5日間程度にまで伸ばす、「長鮮度野菜」の生産(2)工場の建設から運営までのトータルコストを大幅に引き下げる「LCC(ローコスト・コンストラクション)」を可能とした次世代型植物工場を完成させ、これを総括的に行う「長鮮度野菜ファクトリー」事業を開発した。

(※全文:997文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.