> > 世界の自然エネ容量、1,560GWを突破 発電量の割合は22%に

世界の自然エネ容量、1,560GWを突破 発電量の割合は22%に

 印刷 記事を保存

2013年末の世界の再生可能エネルギー発電容量は、2012年から8.3%増加して1,560GWとなり、再生可能エネルギーは、現在、世界の発電電力量の22%以上に達した。2013年1年間で、再生可能エネルギーは世界の発電容量の増加量(正味)の56%以上を占めた。ドイツに本部を置くエネルギー専門家団体「21世紀の再生可能エネルギーネットワーク」(REN21)が、「自然エネルギー世界白書2014」をとりまとめ、公表した。

太陽光発電市場では2013年に38GWが新規導入され、累積導入量が約138GWに達し、記録的な年となった。中国は目を見張るような成長を見せ、世界全体の太陽光発電の新規導入量の約3分の1を占め、日本とアメリカ合衆国がそれに続いた。2013年は初めて、世界全体での太陽光発電の新規導入量が風力発電の新規導入量を上回った。世界全体での太陽光発電への投資額が2012年に比べて約22%減少したのにも関わらず、発電設備の新規導入量は27%以上増加した。

2013年の日本の太陽光発電の新規導入量は6.9GWで、累積導入量は13.6GWとなった。2013年は固定買取価格制度を追い風に導入量を増やし、累積導入量は、昨年よりひとつランクをあげて世界4位となった。中国の2013年の新規導入量は12.9GWで、累積導入量で19.9GWとなり、ドイツについで2位となった。

その他、概要は以下の通り。

(※全文:1,988文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.