> > CO2削減率の高い温泉での地熱利用事業 補助金交付先が決定

CO2削減率の高い温泉での地熱利用事業 補助金交付先が決定

記事を保存

環境省は、温泉施設において地域の特性に応じた環境配慮型の地熱・地中熱等の利用を行う事業4件に対して、補助金を交付する。4件の総事業費は約2億4,000万円で、補助額は約1億1,900万円。

同省は、地熱・地中熱等利用による低炭素社会推進事業(地熱・地中熱等利用事業のうち温泉施設における温暖化対策事業及び地域面的地熱利用推進事業)について、公募を実施し4件の事業を採択した。採択されたのは、温泉付随ガスのコージェネレーション事業が1件、地域面的地熱利用推進事業が1件、ヒートポンプによる温泉熱の熱利用事業が2件。

採択に当たっては、本事業に係る評価委員会にて採択基準を策定し、公募のあった10事業について、採択基準に沿って採点を行った。採択基準は「事業の効果として、CO2削減率の高い事業」「CO2削減量の多い事業」「CO2の1トン当たり削減費用」の3つ。

採択された事業は以下の通り。

温泉付随ガスのコージェネレーション事業

  • 事業者名
    タピック沖縄
  • 事業実施場所
    ウェルネスリゾート沖縄休暇センター ユインチホテル南城(沖縄県南城市)
  • 事業の概要
    温泉の副産物として汲み上げられた水溶性天然ガス(メタンガス)をコージェネレーションの燃料として利用するために必要な設備を設置する。
  • 総事業費
    89,640,000円
  • 補助金所要額
    41,500,000円

地域面的地熱利用推進事業

  • 事業者名
    大高建設
  • 事業実施場所
    大高建設 社員駐車場(富山県黒部市宇奈月温泉)
  • 事業の概要
    未利用放流源泉を貯湯槽に貯め、ヒートパイプを埋設し、冬期に融雪事業を実施する。高温の源泉を有効利用し、副次的効果として浴用に適した温度まで下げる。
  • 総事業費
    36,649,800円
  • 補助金所要額
    16,967,000円

ヒートポンプによる温泉熱の熱利用事業

  • 事業者名
    ふくみつ華山温泉/li>
  • 事業実施場所
    宿泊施設(野草の宿 来夢)(富山県南砺市))
  • 事業の概要
    現状、A重油ボイラにて施設の給湯、浴槽昇温を行っている。これを温泉熱を熱源とする水冷式ートポンプに切り替え、化石燃料消費量を低減する。
  • 総事業費
    43,848,000円
  • 補助金所要額
    13,533,000円

  • 事業者名
    阿賀町/li>
  • 事業実施場所
    宿泊施設(You&湯 ホテルみかわ)(新潟県阿賀町)
  • 事業の概要
    給湯及び空調設備更新のため、温泉熱エネルギーによる電気式ヒートポンプを導入し、給湯、空調運転に使用。
  • 総事業費
    70,753,662円
  • 補助金所要額
    47,169,000円

【参考】
環境省 - 地熱・地中熱等利用による低炭素社会推進事業(地熱・地中熱等利用事業のうち温泉施設における温暖化対策事業及び地域面的地熱利用推進事業)の事業の採択について(2014/6/5)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.