> > ポリ塩化ビフェニル(PCB)廃棄物の処理計画スピードアップ 12年前倒し

ポリ塩化ビフェニル(PCB)廃棄物の処理計画スピードアップ 12年前倒し

 印刷 記事を保存

環境省は、「ポリ塩化ビフェニル(PCB)廃棄物処理基本計画」の変更を告示した。

「高圧トランス・コンデンサ等」及び「安定器等・汚染物」については、日本環境安全事業(JESCO)の5事業所を相互に活用して処理を進め、なかでも「安定器等・汚染物」は、北九州・北海道事業所で処理する。同時に、JESCOにおける適正かつ確実な処理や未処理事業者の対策等を行うことにより、現状では平成49年(2037年)度まで必要な高濃度PCBの処理期間を、平成37年(2025年)度までに短縮し、ストックホルム条約で求められている年限(平成40年/2028年)までに処理を完了させることが可能となった。

(※全文:854文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.