> > 埼玉県本庄市、追尾式太陽光発電システムを設置する事業者を公募

埼玉県本庄市、追尾式太陽光発電システムを設置する事業者を公募

記事を保存

本庄市は、追尾式太陽光発電システム設置工事を行う事業者の公募を開始した。

本事業は、埼玉エコタウンプロジェクトの一環として、追尾式太陽光発電システムを設置するというもの。同市が掲げる特定の設置場所に追尾式太陽光発電システムを設置する工事を行う事業者を、プロポーザルによって選定する。

なお、追尾式太陽光発電システムの設置工事は、その設計・施工業務について高度な技術や専門的な知識を必要とする先進的な業務であるため、同市は公募にプロポーザル方式を採用した。

追尾式太陽光発電システムは太陽光発電モジュールが太陽の動きに合わせて自動で向きを変えることにより、固定式のものと比べ高効率で発電するシステム。直置きの太陽光発電パネルでは使用できない、パネル下での土地利用などが期待できる。これを設置し発電事業を行い、発電された電力を再生可能エネルギーの固定価格買取制度により電力事業者に売電し、その売電収入を原資に本庄市環境基金の積立てを行う。

公募事業の条件としては、設置工事が契約日から平成27年3月12日(木)までに終了すること(平成27年3月13日(金)までに発電ができること)、総事業費(税込み)が上限5,360万円以内であること、市が指定する5つの設置場所に準拠する計画であること等がある。

実施要項等は本庄市経済環境部エコタウン推進室で直接入手するか、または本庄市のHPでダウンロードによって入手できる。この事業に参加を希望する事業者は、事前の申し込みが必要となる。参加申し込み受付期間は2014年6月16日(月)まで。参加申請書の提出方法は持参のみ。

現在埼玉県では「埼玉エコタウンプロジェクト」事業を進めており、本庄市では産学官連携による街づくりなど、先進的なエコタウンを目指している。また今回の事業により、環境施策の一層の推進を図ることを目的としている。

【参考】
本庄市 - 本庄市追尾式太陽光発電システム設置工事に係る公募型プロポーザルの実施について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.