> > SAS、スマートメーターの分析ツールを国内販売開始 故障も予測可能

SAS、スマートメーターの分析ツールを国内販売開始 故障も予測可能

記事を保存

SAS Institute Japan(東京都港区/SAS)は、電力・ガス事業者が設置したスマートメーターからのビッグデータの活用・運用を支援する包括的なソリューション「スマートメーター・データ・アナリティクス」の国内提案を開始する。これによりピーク需要の予測、設備の保全計画、顧客サービスの向上によるROI(投資収益率)の改善を支援する。

「スマートメーター・データ・アナリティクス」には、エネルギー需要のピークの予測や長期にわたる不確実性の削減を行う「SAS® Energy Forecasting」や、顧客維持及び新しいサービスの販売促進の分野で豊富な実績を擁する「SAS® Customer Intelligence」などのソリューションと、ビッグデータを高速に分析するためのハイパフォーマンス・アナリティクスの分析基盤が含まれる。

これらを活用することにより、スマートメーターで生成されるビッグデータに対して、ピーク需要の予測精度の向上、トラフィックや価格の最適化、新しいサービスを販売促進する最適な顧客の特定などが可能になる。また、設置したスマートメーターの故障や故障する部品を予測することで、より優れたメンテナンス計画の作成も可能。この包括的ソリューションによって安定した電力供給の実現、顧客満足度の向上、新しい事業形態での収益貢献を支援する。

国のエネルギー政策のもと、省エネルギー社会とスマートで柔軟な消費活動の実現のために、電力・ガス事業者による、世帯・事業所へのスマートメーターの導入が実施・計画されている。スマートメーターの設置によって、各設置世帯や事業所から時間あたり数回のエネルギー使用データの送信が行われ、詳細で複雑なビッグデータが生成される。このビッグデータを最新のアナリティクス環境で予測分析することで、電力・ガス事業者、また新たにこの分野に参入する事業体に、新しいビジネス機会の創造や課題解決が促進されることが期待される。

なお、SASは、米国ノースカロライナ州に本拠を置くビジネス・アナリティクス・ソフトウェアとサービスのリーディング・カンパニー。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.