> > 光反射板の新しい樹脂材料 高耐久性でLED照明などの光反射率を長期間維持

光反射板の新しい樹脂材料 高耐久性でLED照明などの光反射率を長期間維持

記事を保存
光反射板の新しい樹脂材料 高耐久性でLED照明などの光反射率を長期間維持

パナソニック株式会社 オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社は、屋外の看板や店舗照明、植物工場など過酷な環境下に設置されるLED照明において、光反射板に使用されるプラスチック製のシート及びフィルム用ポリプロピレン樹脂成形材料「FULL BRIGHT(フルブライト)PP」を開発した。

同製品は、耐UV、高温高湿、耐薬品性等の耐久性に優れ、高温、UV環境下でも高い光反射率を長期間維持できる。また、光反射シートやフィルムの加工性に優れ、複雑な設計にも対応可能。6月よりサンプル対応を開始し、2014年下期からの量産を目指す。

同製品は、同社独自の熱可塑性樹脂の高分散技術により、長期高温・UV環境試験(120℃、2,000時間後)において、94%以上の光反射率を実現。(現在多く使用されているPET系樹脂の光反射率は80%以下)。耐薬品性にも強く、屋外用途での光源の長期使用に貢献する。

また、同社独自の樹脂の高分散・高流動化技術により、光反射シート及び光反射フィルムの押出成形に適したPP樹脂成形材料の開発に成功。これは、厚み100~400μmのフィルム形成、厚み500μm以上のシート成形が可能。シート成形では、異形押出加工や深絞り真空成形などの二次成形にも適しており、意匠性が高いLED照明の曲面仕上げなど大型成形加工も可能。

一般的にLED照明は、光効率を上げるために光源周辺に反射板を設置する。その反射板の素材として、現在、金属やPET系の樹脂が多く使用されているが、LED照明の設置環境が多様化するなか、さらなる耐久性と軽量化が必要とされている。

なお、同製品は、6月17日~6月19日に台湾で開催される「LED Lighting Taiwan」、6月24日~6月27日に韓国で開催される「International LED EXPO」に、LEDパッケージ用リフレクタ材「FULL BRIGHT(フルブライト)UP」と同時出展される。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.