> > 山形県の植物工場、高速栽培の「SHIGYO法」をパッケージ化したシステム採用

山形県の植物工場、高速栽培の「SHIGYO法」をパッケージ化したシステム採用

 印刷 記事を保存

昭和電工は、同社の植物工場ユニット「SHIGYO®ユニット」が、遠藤商事(山形県山形市)が運営する山形県天童市の大規模植物工場に採用されたと発表した。

今回採用されたのは、昭和電工独自の高速栽培技術「SHIGYO®法」と、同技術の効果を最大限に引き出すよう設計されたLED照明やアルミニウム製栽培棚など、野菜栽培に必要な設備をパッケージにして、植物育成に最適な環境をオールインワンで提供する屋内設置型の植物工場システム。導入後の技術サポート(栽培マニュアル等)も含まれている。

(※全文:864文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.