> > 北海道電力、家畜系バイオマス発電の研究開発を開始

北海道電力、家畜系バイオマス発電の研究開発を開始

記事を保存
北海道電力、家畜系バイオマス発電の研究開発を開始

「実証プラント」では、家畜系バイオマス発電とヒートポンプによる電熱併給システムを設置する

北海道電力は、「家畜系バイオマス発電」の出力制御に係る研究開発に取り組む。電気と熱の併給により熱も含めた蓄エネルギーが可能な家畜系バイオマス発電について、電気と熱を効率的に制御することで、出力制御技術の開発とエネルギーの有効利用方策の検討、開発した技術の有効性評価等を行う。

具体的には、家畜系バイオマス発電とヒートポンプによる電熱併給システムを設置した「実証プラント」と、北海道内で建設が計画されている「大規模プラント」において、各種データの収集・分析を実施。バイオマス発電の出力制御技術に関する技術開発とともに、プラント全体でのエネルギーの有効利用に向けた検討を行う。

「大規模プラント」では、北海道特有の共同利用型の大規模家畜系バイオマスプラントを設置する

「大規模プラント」では、北海道特有の共同利用型の大規模家畜系バイオマスプラントを設置する

家畜系バイオマス発電は、北海道の基幹産業である畜産業とも密接に関係し、地域に根ざしたエネルギーだが、現在まで連系実績が少なく、出力の特性を把握し、連系による電力系統への影響を評価していく必要がある。北海道電力は、今回の研究開発を通して、家畜系バイオマス発電を含む再生可能エネルギーの連系拡大に向けた取り組みを進めていきたい考えだ。

なお、今回の研究開発は、北海道電力と北海道大学(北海道札幌市)が共同で実施するものであり、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「電力系統出力変動対応技術研究開発事業」の一つとして採択されている。

【参考】
北海道電力 - 家畜系バイオマス発電に係る研究開発の実施について ~地域に根ざしたエネルギーの拡大に向けて~

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.