> > 新エネ分野のベンチャー技術 ビジネス化のためのマッチング事業実施へ

新エネ分野のベンチャー技術 ビジネス化のためのマッチング事業実施へ

記事を保存

NEDOは、「新エネルギーベンチャー技術革新事業のビジネスマッチング等の実施」において、マッチング事業実施者の募集を開始した。同事業により、新エネルギー分野の技術開発成果を事業化したい企業と、具体的にビジネス化する企業のマッチングが実施される。

同事業で想定されるマッチング事業者は、同様にNEDOが技術開発を支援する「新エネルギーベンチャー技術革新事業」で採択され、平成25年度までに終了しているか、または26年度に実施中の20社程度が対象となる。

同事業の実施期間は平成26年度中で、応募期日は平成26年7月1日まで。

採択されたマッチング事業実施者は、技術開発成果を具体的なビジネスに結びつけるため、事業化に近い開発テーマに対してベンチャーキャピタルや大手企業等とのビジネスマッチングの機会を提供し、報告会にてその結果報告を行う。

具体的には、マッチング会の開催や、マッチングを希望する対象事業者に対し、技術開発成果の商業化に向けてのビジョンや方向性の調査や、マーケット分析などの実施により、マッチング事業の効果を検証する予定だ。

平成24年度の同事業では、「太陽電池アレイ故障診断技術の開発」(システム・ジェイディー)、「薄膜型太陽電池加工用レーザーの技術開発」(シングルモード)「小型木質バイオガス化発電システムの実用化研究開発」(明和工業)など、全11社が対象となり、さらにマッチング会にも参加した企業はこの中の5社だった。

なお、同マッチング会の来場者に対して、「興味ある新エネルギー分野」を問うアンケートを実施したところ、「太陽光発電」と答えた人が46.2%と最も多く、次いで「不明」が36.5%、「燃料電池・蓄電池」(34.6%)、「バイオマス」(25%)、「風力」(21.2%)、「その他」(7.7%)という結果が得られた。

同事業は、新エネルギーベンチャー技術革新事業で実施しているハンズオン支援の一環として、技術開発段階から事業化段階までの支援を行うもの。

【参考】
NEDO - 「新エネルギーベンチャー技術革新事業のビジネスマッチング等の実施」に係る公募について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.