> > ヤンマーのガスエンジン熱電併給システム、発電効率41.2%に

ヤンマーのガスエンジン熱電併給システム、発電効率41.2%に

記事を保存
ヤンマーのガスエンジン熱電併給システム、発電効率41.2%に

ヤンマーエネルギーシステム(大阪府)は、60Hz地区向け800kWガスエンジンコージェネレーション(熱電併給)システム「EP800G」を7月1日より販売する。

同製品は、2003年発売の350kWガスエンジンコージェネレーションシステム「EP350G」搭載の6気筒エンジンをベースとして開発した12気筒エンジンを装備している。EP350Gの制御技術等をさらに高度化して適用することで、800kWクラスでトップレベルの発電効率41.2%を実現。また、燃焼方法の工夫により排出NOX濃度200ppm以下を達成しており、脱硝装置が不要。さらに、事業継続計画(BCP)で重要な自立運転機能や停電時起動(BOS)機能もオプションとしてついており、突然の停電でも確実な給電が可能。

今回「EP800G」が加わったことにより、50Hz地区向けの「EP370G」370kW、「EP700G」700kW、60Hz地区向けの「EP400G」400kW、5kWから35kWのマイクロガスコージェネレーションシステム「CPシリーズ」とあわせて、小型から中型クラスのラインナップが充実した。

同社は、病院、ホテル、工場、事務所ビル、地域冷暖房システム等におけるコージェネレーションシステムの新設や更新等に向けて「EP800G」を提案していく。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.