> > 分割手数料無料の新築住宅むけ太陽光発電 LIXILの住宅ブランドで展開

分割手数料無料の新築住宅むけ太陽光発電 LIXILの住宅ブランドで展開

記事を保存
分割手数料無料の新築住宅むけ太陽光発電 LIXILの住宅ブランドで展開

LIXIL住宅研究所、日立キャピタル、ハンファQセルズジャパンは、新築物件に分割払手数料無料でQセルズ製の太陽光発電システムが設置できる新サービスを、先行しているアイフルホームに続き、フィアスホーム、GLホームの住宅ブランドにおいても6月21日から開始する。

今回開始する新サービスは、アイフルホームのサービスと同じく、フィアスホーム、GLホームの新築住宅に、ドイツブランドのQセルズ製の太陽光発電システムを導入し設置する場合、住宅ローンとは別に、専用のクレジット契約(日立キャピタル)を組むと、その分割手数料を全額フィアスホームまたはGLホームが負担するというもの。

新サービスの利用条件は、フィアスホームまたはGLホームの新築住宅(リフォーム物件は対象外)であること、Qセルズ製の太陽光発電システム(搭載容量は15kW以下)を導入すること、金融機関の住宅ローンを組んで購入する物件であること(現金での住宅購入は対象外)などとなる。

本サービスのメリットとして、自家消費電力分を太陽光発電でまかない、余剰電力を電力会社に売電した額が、専用クレジット契約の月々の返済額を上回れば、顧客は実質負担0円で太陽光発電システムを導入できる点をあげる。また、専用クレジット契約の期間を10年(120回払い)以内に設定した場合、11年目以降は売電額全額が顧客の収入となる。

また、2014年9月末までの間にフィアスホーム、GLホームで「Qセルズ」の太陽光発電システムを含む新築住宅の建築工事請負契約を締結する場合に限り、日照時間不足分の補償期間を通常の1年間より長い、2年間補償する期間限定サービスも実施する。1年間あたりの最大補償額は50,000円(補償額3,000円以下は免責)。

今回の太陽光発電システム導入におけるサービスは、LIXIL住宅研究所、日立キャピタル、ハンファQセルズジャパンの業務提携により、全国のアイフルホーム加盟店にて5月3日より「楽暮らし発電」の名称で展開されている。今回、業務提携の範囲を拡大し、LIXIL住宅研究所の全住宅ブランドで開始する。なお、フィアスホームでは「フィアスホームのお得な発電」、GLホームでは「暮らしラクラク 初期支出0円太陽光発電」の名称で展開する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.