> > 神戸市、ごみ処分場内で2MWの太陽光発電を行う事業者を募集

神戸市、ごみ処分場内で2MWの太陽光発電を行う事業者を募集

記事を保存

神戸市は、同市西区の一般廃棄物埋立処分場・布施畑環境センター内で太陽光発電を行う事業者の募集を開始した。賃貸する土地の面積は約2.8ha。発電所の出力は2MW(1,990kW)。年間発電電力量は約230万kWh(一般家庭約630世帯分の年間使用電力量に相当)。1平方メートルあたりの年間最低賃料は190円。

公募型プロポーザル方式により土地を貸し付ける事業者を選定する。募集要項の配布期間及び参加申込書の提出期間は、6月27日から7月7日まで。企画提案書等の提出期間は、7月18日から7月25日まで。8月上旬に事業者のヒアリングを行い、事業者を選定する。発電開始は平成27年夏ごろの予定。なお、募集にあたり7月9日に現地見学を行う。参加希望者は7月7日までに参加申し込みが必要。

神戸市は、「環境モデル都市」で目指している「2030年に市域での電力消費量の15%を再生可能エネルギーで賄う」という目標を達成するために、「KOBEろっこう・かもめ発電」として、市内の土地・建物屋根を活用した太陽光発電の導入を推進している。その一環として、市の土地及び建物屋根を民間事業者に有償で貸し出して太陽光発電事業を行う取り組みを進めており、すでに「神戸六甲西太陽光発電所(出力1.5MW)」と「神戸港太陽光発電所(出力1.2MW)」の発電を開始している。

【参考】
神戸市 - 布施畑大規模太陽光発電施設設置事業者を募集します

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.