> > JR西日本、神戸線の新駅設備に電車の回生電力を利用 50%節電見込む

JR西日本、神戸線の新駅設備に電車の回生電力を利用 50%節電見込む

 印刷 記事を保存

JR西日本は、未利用の回生電力を駅施設での電力として有効活用するために、現在開発中の「直流電力変換装置」を、平成28年春に開業予定の新駅に導入する。6月定例社長会見で発表した。

この新駅は、JR神戸線・六甲道~灘駅間のまや駅(仮称)。5月から工事に着手し、直流電力変換装置以外にもさまざまな環境技術を導入する予定だ。

具体的には、すべての照明をLEDにする、きめ細かな照明制御によって省エネルギー化を図るとともに、太陽光発電パネルの設置による創エネルギー化、節水トイレの導入による省資源化を実施し、地球環境保護を考慮した駅づくりに取り組む。これらの効果として、従来の同規模の駅と比較して、50%以上の消費電力の削減を見込む。

(※全文:872文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.