> > トヨタ、今年度中に水素で動く自動車(FCV)の販売開始 700万円程度

トヨタ、今年度中に水素で動く自動車(FCV)の販売開始 700万円程度

記事を保存
トヨタ、今年度中に水素で動く自動車(FCV)の販売開始 700万円程度

トヨタ自動車は、セダンタイプの新型燃料電池自動車(FCV)の販売を日本で2014年度内に開始すると発表した。

販売はトヨタ店とトヨペット店が行う。当面は水素ステーションの整備が予定されている地域(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、愛知県、大阪府、兵庫県、山口県、福岡県)及びその周辺地域の販売店が中心となる。価格は700万円程度を予定。米国・欧州では、2015年の夏頃の発売に向け準備を進めている。

水素は、太陽光や風力などの自然エネルギーを活用した製造でき、電気に比べてエネルギー密度が高く貯蔵・輸送も容易、家庭用・自動車用燃料のみならず発電への活用も期待されるなど幅広い用途への利用が可能で、同社は将来の有力なエネルギーと位置付けている。

水素ステーションの整備が予定されている地域のみでの限定販売だ

水素ステーションの整備が予定されている地域のみでの限定販売だ

トヨタは、1992年よりFCVの開発に取り組み、水素と酸素の化学反応により発電をするFCスタックや燃料となる水素を貯蔵する高圧タンクを中心としたFCシステムを自社開発している。2002年以降は、日米でSUVタイプのFCVを導入。同社が開発を進めているFCVは、航続距離は約700kmを確保するとともに、燃料の補給(水素の満充填)に要する時間は3分程度とガソリンエンジン車と同レベル。また、走行中に排出するのは、水素と酸素の化学反応で発生した水だけで、CO2の排出はゼロ。

このようにFCVは、「自動車用燃料の多様化に対応」「走行中はCO2や環境負荷物質を排出しない」「現状のガソリンエンジン車と同等の利便性」を兼ね備えており、同社は、今後、究極のエコカーとして高いポテンシャルがあると考えている。なお、トヨタグループ各社においても、燃料電池バス、家庭用燃料電池、燃料電池フォークリフトなどの技術開発に取り組んでいる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.