経産省、海外で普及を狙う省エネ技術16件を選定 二国間クレジットを構築

  • 印刷
  • 共有

経済産業省は、平成26年度「地球温暖化対策技術普及推進事業」の採択候補案件16件を決定した。

この事業は、制度構築の可能性のある相手国に対する政策の提言や、低炭素技術・製品の普及等に向けた事業スキームの提案等を行うことにより、「二国間クレジット制度(JCM)」と日本の低炭素技術・製品の有用性を明らかにするもの。今回は、インドネシア、ベトナムなど11カ国を対象国とした16件が選ばれた。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事