> > 福島県に灌漑水路を利用した小水力発電事業 民間・土地改良区が協力

福島県に灌漑水路を利用した小水力発電事業 民間・土地改良区が協力

記事を保存
福島県に灌漑水路を利用した小水力発電事業 民間・土地改良区が協力

ACKグループの事業会社であるアサノ大成基礎エンジニアリング(東京都)は、福島県会津若松市にある戸ノ口堰土地改良区と協力して、小水力発電事業に着手したと発表した。同事業は、同土地改良区の灌漑水路を利用して小水力発電所を建設し、固定価格買取制度を利用して売電を行うもの。

着手にあたり、7月1日に事業会社として戸ノ口堰小水力発電(福島県会津若松市)を設立した。同社では、小水力発電など、再生可能エネルギー発電施設の開発・維持・運営・管理、ならびに再生可能エネルギー発電による電力供給・販売を行う。

同事業は、「東日本大震災後の日本の復興は福島から」の合言葉に基づき、地域資源を活用した再生可能エネルギーの導入促進を図るとともに、灌漑事業及び地域活性化を促進することを目的としたもの。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.