> > 家庭向け省エネ診断を実施する企業への補助金 ひきつづき公募中

家庭向け省エネ診断を実施する企業への補助金 ひきつづき公募中

記事を保存

環境省では、各家庭のライフスタイルに合わせた省エネ、省CO2対策を提案するサービス「うちエコ診断」事業を、補助金の交付を受けて実施する事業者を、引き続き募集している。

「うちエコ診断」は、環境省の「うちエコ診断ソフト」を使用して、資格試験に合格し認定を受けた「うちエコ診断士」が、省エネ診断を受診したい一般家庭の温室効果ガス排出量の状況やライフスタイルの状況、また家庭の要望に応じて地球温暖化対策の提案・診断を行うもの。

今回の補助事業に申請するには、まず環境省の「うちエコ診断ソフト」を使用して診断事業を行う「うちエコ診断実施機関」として認定を受けた事業者であることが必須だ(※認定を受ける予定でも可)。補助額は「うちエコ診断」事業の経費と基準額(2万円/世帯)を比較して、いずれか少ない方の額の2分の1。実施機関の認定は申込締め切りが2015年3月31日、同補助事業の申込締め切りは2014年11月30日までとなっている。

「うちエコ診断実施機関」の認定・補助事業者の募集は今年4月から開始された。同制度の認定事業には、事業者独自の診断ソフト又はシミュレーションツール等を使用して行う事業として「独自の家庭向けエコ診断」(※補助対象外)もあり、今月関西電力の診断事業が認定されたばかり。

【参考】
家庭エコ診断制度 - 診断実施機関の認定を受けるには

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.