> > 台風で飛んだり浸水した太陽光発電、感電の危険も NPO法人が注意を喚起

台風で飛んだり浸水した太陽光発電、感電の危険も NPO法人が注意を喚起

記事を保存
台風で飛んだり浸水した太陽光発電、感電の危険も NPO法人が注意を喚起

NPO法人ひむかおひさまネットワーク(宮崎県宮崎市)は、大型で非常に強い台風第8号の接近に伴い、太陽光発電に関する注意喚起を行っている。

太陽光発電は、強風、洪水により影響を受ける可能性がある。万一、太陽光パネルが飛んだり、破損した場合は、販売施工業者や電気主任技術者の支持を受けるように、また、飛ばされたり、破損したものでも、太陽光が当たると発電するため、安易に近づいたり、触ると感電の危険があると注意を呼び掛けている。

ひむかおひさまネットワークは、太陽光発電の活用・取り付けを検討している人からの疑問・質問に応じており、本注意喚起に関する詳細についての問い合わせも受け付けている。

また、設置している人、あるいは、規模の大きな太陽光発電が近くにある人が留意すべき点をまとめている。その概要は下記の通り。

1.電力会社の電気が停電した場合

台風等で停電になった際に、太陽光発電が損傷を受けていない個人住宅用の場合、台風通過後晴れて太陽光発電が発電を始めたら、設置されている太陽電池のkW数にもよるが、自立運転で1.5kWまでの家電製品が使用できる。

自立運転の方法は、設置している太陽光発電の説明書を読むとともに、環境省のページ下部参考URLを参照のこと。

2.太陽光発電の破損

太陽光発電が破損した場合、設置者は発電所長として安全を図る責任がある。特に家庭用や、50kW未満の太陽光発電で電気主任技術者の選任を必要としない施設の場合は、速やかに販売施工業者に連絡し対応すること。


台風等で自宅屋根、アパートやビルの屋上、屋外地上に設置されている太陽光発電が飛んで破損したり、地上設置の場合浸水したりした場合は、晴れて日が当たると発電するので、近づいたり、手で触れないようにする。感電により最悪の場合は死亡する恐れがある。近づいて様子を見る場合もゴム長を履く、ゴム手袋を着用することで感電を防止する。

50kWを越す太陽光発電施設の場合は、選任されている電気主任技術者に連絡し対策をとる。特に、太陽電池パネルが数枚以上接続されたまま飛ばされている場合は、晴れて日が当たると発電し、電圧、電流とも高い値になるため、周辺にロープを張るなど、関係者以外が不用意に立ち入らないように対策をする。これらの作業を行う場合も上記のような感電防止対策をとるようにする。

太陽光発電の接続ケーブル被覆が剥けて、プラスとマイナスの線が近接している場合は、可燃物が近くにある場合は火花放電で、火災の危険性もある。

【参考】
環境省 - 「太陽光発電の賢い使い方 -停電・災害時の自立運転コンセントの活用-」(PDF)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.