> > 台風で飛んだり浸水した太陽光発電、感電の危険も NPO法人が注意を喚起

台風で飛んだり浸水した太陽光発電、感電の危険も NPO法人が注意を喚起

 印刷 記事を保存

NPO法人ひむかおひさまネットワーク(宮崎県宮崎市)は、大型で非常に強い台風第8号の接近に伴い、太陽光発電に関する注意喚起を行っている。

太陽光発電は、強風、洪水により影響を受ける可能性がある。万一、太陽光パネルが飛んだり、破損した場合は、販売施工業者や電気主任技術者の支持を受けるように、また、飛ばされたり、破損したものでも、太陽光が当たると発電するため、安易に近づいたり、触ると感電の危険があると注意を呼び掛けている。

ひむかおひさまネットワークは、太陽光発電の活用・取り付けを検討している人からの疑問・質問に応じており、本注意喚起に関する詳細についての問い合わせも受け付けている。

また、設置している人、あるいは、規模の大きな太陽光発電が近くにある人が留意すべき点をまとめている。その概要は下記の通り。

(※全文:1,081文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.