> > 大阪「あべのハルカス」に大規模エネルギー見える化システム

大阪「あべのハルカス」に大規模エネルギー見える化システム

 印刷 記事を保存

OKIグループで電気工事、電気通信工事を手がけるOKIウィンテック(東京都)は、近畿日本鉄道(大阪府)所有の超高層複合ビル「あべのハルカス」(大阪市阿倍野区)に、省エネソリューション「SEEMS」のビル管理システムをベースとした大規模エネルギー管理システム「阿倍野エリアエネルギーマネジメントシステム(A-EMS)」を構築し納入した。

同システムは、地上60階・地下5階の同ビルに入居している百貨店・オフィス・ホテル・美術館など利用形態の異なるテナントや施設全体で約3万点に及ぶ各設備のモニタリングを実施。エネルギー管理者だけでなく入居者も各所のエネルギー使用状況をリアルタイムに把握することができ、各設備で最適な運用を行い、ビル全体の効率的なエネルギー省力化を実現する。

(※全文:939文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.