> > 植物工場の最新報告書 国内383カ所から優良施設7件を紹介

植物工場の最新報告書 国内383カ所から優良施設7件を紹介

 印刷 記事を保存

日本施設園芸協会は、高度に環境制御した植物工場の実態を把握するため実態調査を行い、その結果を公表した。これによると、2014年3月時点での植物工場の数は、「太陽光を用いない人工光型」165カ所、「太陽光と人工光を併用する型」33カ所、「太陽光のみを利用する型」185カ所の計383カ所で、2013年3月時点より79カ所増加した。

また、経営面で安定している上、ビジネスモデルとして参考になる7カ所の優良施設について事例調査を行い、その内容を報告した。これらの施設の共通点として、企業的経営に取り組んでいる点、市場変化に応じた設備投資を行い、新たな品目への挑戦や生産性向上に努めている点などを挙げた。

(※全文:683文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.