> > 弱い光でもウイルス・菌を不活性化させる新素材 ノロウイルスにも効果

弱い光でもウイルス・菌を不活性化させる新素材 ノロウイルスにも効果

 印刷 記事を保存

昭和電工の連結子会社 昭和電工セラミックス(長野県塩尻市)は、同社が富山工場で開発した高機能光触媒「ルミレッシュ®」が、テント構造物メーカーの太陽工業(東京都)の新たなテント膜材に採用されたと発表した。

ルミレッシュ®の採用が決定したのは、抗菌・抗ウイルス機能をもつ屋内用膜材「ヒカリプロテクスタイル」。同光触媒は、太陽光に多く含まれる紫外光により効果を発揮した従来の光触媒と異なり、屋内の蛍光灯などの弱いエネルギー光でも菌・ウイルスの区別なく、表層タンパク質を分解し、感染能力を不活化させることが確認されている。

たとえば、インフルエンザウイルス、ノロウイルス、ネコカリシウイルス(ノロウイルスの代替ウイルス)、MRSA等にも不活化効果を発揮し、これらの感染リスクを低減する技術として期待できる。

(※全文:582文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.