> > 風力発電向け超大形軸受の試験設備が完成 外径約4.2mまで実物評価可能

風力発電向け超大形軸受の試験設備が完成 外径約4.2mまで実物評価可能

 印刷 記事を保存

NTN(大阪府大阪市)は、洋上風力発電装置の主軸用軸受の技術開発を強化するため、超大形軸受の実物評価が可能な世界最大級の試験設備「WIND LAB.」を自社開発し、6月に先端技術研究所(三重県桑名市)内に設置したと発表した。

同社は軸受メーカーとして、本設備「WIND LAB.」を導入・活用していくことで製品の信頼性を向上させ、風力発電装置向け事業のさらなる拡大を目指す。

「WIND LAB.」では、垂直・水平方向で計6個の油圧シリンダーを用いて軸受に荷重を発生させ、実際の風力発電装置で使用されている状態を再現することで、軸受の詳細な技術解析や仕様検討が行うことができる試験設備。対象風車は2MW~10MW。軸受サイズは外径約4.2mまで対応可。

(※全文:1,252文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.