> > 大分県豊後高田市、8月1日から大型の太陽光発電などの設置規制スタート

大分県豊後高田市、8月1日から大型の太陽光発電などの設置規制スタート

 印刷 記事を保存

大分県豊後高田市は、8月1日から太陽光発電設備等の設置規制を開始する。本規制により、5,000平方メートル以上の土地に太陽光発電設備等を設置する場合は、地元自治会等への説明会の実施などとともに、市への事前の届出が必要となる。

また、自然景観や歴史的景観など同市の特徴的な景観を有している「中心市街地エリア」「田染荘小崎の農村景観エリア」及び「長崎鼻リゾートキャンプ場植栽エリア」の3地域については、景観等の維持に協力を依頼する「協力要請区域」とする。協力要請区域には面積要件がないため、小規模なものでも対象となる。

なお、住宅や車庫など建築物の屋根や屋上に設置するものは対象外となる。

(※全文:1,156文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.