> > 福岡県、県立高校で屋根貸し太陽光発電 事業者の募集スタート

福岡県、県立高校で屋根貸し太陽光発電 事業者の募集スタート

記事を保存

福岡県は、再生可能エネルギーの導入促進を図るため、県有施設の屋根貸しによる太陽光発電事業を行う事業者の募集を開始した。募集対象施設は県内6つの高校。利用可能面積は合計3,507平方メートル。

売電期間は20年間以内。なお、太陽光発電設備の設置や撤去に要する期間及び原状回復に要する期間も含める。最低使用料単価は1平方メートル当たり年額100円以上。この使用料単価に使用許可面積を乗じた金額を年間の使用料とする。

8月25日まで応募登録を受け付ける。8月27日、28日に現地確認を行う。提案を行う事業者は、必ず現地確認すること。現地確認終了後から10月3日まで企画提案書を受け付ける。10月下旬に選定委員会を開催し、事業者を決定する。

募集対象施設は以下の通り。

施設名 住所(利用可能面積)
育徳館高等学校 京都郡みやこ町豊津973(405平方メートル)
浮羽究真館高等学校 うきは市吉井町生葉658(514平方メートル)
ありあけ新世高等学校 大牟田市大字吉野1389-1(513平方メートル)
福島高等学校 八女市吉田1581-2(485平方メートル)
三池高等学校 大牟田市大字草木245(402平方メートル)
鞍手竜徳高等学校 宮若市龍徳161(1,188平方メートル)

【参考】
福岡県 - 県有施設の屋根貸しによる太陽光発電事業者の募集について(平成26年度)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.