> > スキー場跡地もメガソーラーに 秋田県で1.5MWの太陽光発電所が稼働

スキー場跡地もメガソーラーに 秋田県で1.5MWの太陽光発電所が稼働

記事を保存
スキー場跡地もメガソーラーに 秋田県で1.5MWの太陽光発電所が稼働

juwi(ユーイ)自然電力(東京都)は、秋田県井川町の赤沢山スキー場跡地に、メガソーラー「井川町赤沢山太陽光発電所」を建設し、運転を開始した。

同発電所の出力は1.5MW、年間発電量は約1,645MWh、モジュール面積は約19,400平方メートル。稼働により、約490世帯分の電力を供給し、602トンの二酸化炭素排出量の削減(杉の木 43,000本が1年間にCO2を吸収する量に相当)に貢献する。

事業開発は自然電力(東京都)が行い、インスパイア(秋田県)が発注し、juwi自然電力が設計・調達・建設を手がけた。なお、自然電力グループ初の、東北地方における太陽光発電所となる。

今回のプロジェクトは、井川町と赤沢山生産森林組合が所有する井川町営赤沢山スキー場跡地の活用のため、メガソーラー発電所の設置を計画したもの。建設予定地は、スキー場の緩やかな斜面。冬季には積雪のある地域のため、モジュールの角度や架台の高さを工夫し、積雪の影響を可能な限り押さえると共に、夏季の日射量を十分に活かす EPC(設計・調達・建設)技術によって、年間を通じた高い発電効率を目指す。

自然電力は、太陽光風力等自然エネルギー発電所の開発・企画・コーディネートなどを手がけている。juwi自然電力は、自然電力と、世界有数の EPC(設計・調達・建設)企業であるドイツのjuwiが、2013年に設立した国際ジョイント・ベンチャーで、太陽光・風力等自然エネルギー発電所のEPC、O&M(保守運営)の提供などを行っている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.