> > 山梨県、注目の「農山漁村再生可能エネルギー法」の説明会を10月に開催

山梨県、注目の「農山漁村再生可能エネルギー法」の説明会を10月に開催

記事を保存

山梨県は、「農山漁村再生可能エネルギー法」を広く周知するため、市町村担当者、事業者及び一般の方を対象にした説明会を10月1日に開催する。

農林水産省関東農政局担当者が、同法の基本方針、基本計画の作成の手引きについて説明する。対象は、市町村担当者、農林漁業関係団体、同県において再生可能エネルギー発電事業を検討している事業者・関係団体等。場所は山梨県庁。募集定員は100名。参加希望者は、9月16日までに申し込みが必要。

農山漁村再生可能エネルギー法は、「農林漁業の健全な発展と調和のとれた再生可能エネルギー電気の発電の促進に関する法律」として、今年5月1日に施行された。

この法律は、農山漁村における再生可能エネルギー発電設備の整備について、農林漁業上の土地利用等との調整を適正に行うとともに、地域の農林漁業の健全な発展に資する取組を併せて行うこととすることにより、農林漁業の健全な発展と調和のとれた再生可能エネルギー発電を促進し、農山漁村の活性化を図るもの。現在、ソーラーシェアリングなどで注目される、農地のみなし転用などに関わる法律だ。

【参考】
山梨県 - 「農山漁村再生可能エネルギーに関する説明会」(10月1日)を開催します
農林水産省 - 農林漁業の健全な発展と調和のとれた再生可能エネルギー電気の発電の促進に関する法律(農山漁村再生可能エネルギー法)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.