> > アキュラホーム、太陽光発電を導入する社員・親族に補助金を支給

アキュラホーム、太陽光発電を導入する社員・親族に補助金を支給

記事を保存
アキュラホーム、太陽光発電を導入する社員・親族に補助金を支給

住宅メーカーのアキュラホーム(東京都)は、従業員とその親族が太陽光発電を搭載する際に補助金を支給する福利厚生制度「太陽光発電搭載サポート制度」を新設した。

同制度は、従業員の豊かな暮らしに寄与することを目的としたもので、同社の創業35周年を記念した補助金と、環境貢献推奨金を支給する。専用の社内融資制度を設けており、売電収入を返済に充てることで本人は費用の負担ゼロで搭載することも可能。搭載容量によっては早期に初期費用が返済でき、その後安定収入が望める。例えば、太陽光発電システム5kWを搭載した場合、約4年間で初期費用を完済し、それ以降は月々の家計を助けることになる。

住宅の太陽光発電の搭載数が年々増加傾向にあるなか、同社は、創業35周年を迎えた記念商品として、太陽光発電を搭載した「太陽を活かす家」を7月から発売したところ、太陽光の搭載率が30%以上伸びている。発電した電力を売電することにより、老後の私的年金として蓄えることができることから、今後も太陽光を導入する家庭はさらに増えることが予想される。このような状況を踏まえて、「太陽光発電搭載サポート制度」新設に至った。

なお、「太陽を活かす家」は、9月30日まで期間限定で発売中。自由設計で長期優良住宅対応。価格は1,510万円(税込)~。太陽光発電3.06kW搭載。延床面積は98.54平方メートル~(29.80坪~)。ライフスタイルに合わせて、「太陽光共同事業プラン」「屋根貸し事業プラン」「全量買取プラン」「余剰買取プラン」の4プランから選べる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.