> > ベトナムの病院でEMS実証 インバーターエアコン導入で35%省エネ

ベトナムの病院でEMS実証 インバーターエアコン導入で35%省エネ

記事を保存
ベトナムの病院でEMS実証 インバーターエアコン導入で35%省エネ

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、ベトナムのハノイとホーチミンの国営病院2カ所にインバーターエアコンを約1,000台導入し、病院全体の省エネ化に向けたエネルギー・マネジメント・システム(EMS)の実証を開始する。

インバーターエアコンを効率的に連携制御するEMSにより、約35%の省エネ効果を見込んでおり、院内空気質の向上も図る。予算規模は約5.4億円。実施期間は今年8月から来年度の2年間。委託先は、三菱電機、三菱商事、三菱UFJモルガン・スタンレー証券。

同事業では、実証運転の実施によるデータの評価・検証を実施する一方で、二国間クレジット制度(JCM)プロジェクトとしての登録を目指し、JCMの制度下での排出削減量のモニタリング・検証を合わせて行う予定。

また、同国商工省とは、同国で始まった省エネラベル制度で、同実証事業で導入するインバーターエアコンの性能評価を行うとともに、ホーチミン人民委員会等とも協力し、ベトナムにおけるグリーンホスピタルのモデルづくりなど、ベトナム国内での普及促進に向けた活動も行う。

ベトナムで普及しているエアコンはインバーターがついておらず、非効率な運転を行っているものがほとんど。また、公共施設等では、個室ごとにルームエアコンを取り付けるのが主流で、病院のように年間を通じて連続して空調が必要な環境では、その効率について大幅な改善余地がある。

今回の実証事業では、ベトナムの省エネラベル規格について適合していることを確認した高効率性能のインバーターエアコンを導入し、さらに、エアコン間の連携運転技術を開発・導入することにより、病院全体の空調の高効率化を図る。

また、空調機の効率化と共に、換気の適正化による院内空気質の改善を行い、「グリーンホスピタル」の確立、促進を目指す。同プロジェクトでは、二国間クレジット制度(JCM)を活用して、1年間のモニタリング期間を設け、長期的なCO2削減効果、省エネルギー効果についても検証する。

【参考】
NEDO - ベトナムの病院でエネルギー・マネジメント・システムを実証へ

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.