> > 京セラが水上メガソーラーに着手 フランス製フロート式架台で60MW超めざす

京セラが水上メガソーラーに着手 フランス製フロート式架台で60MW超めざす

記事を保存

東京センチュリーリース(TCL)と京セラは、仏シエル・テール・インターナショナルより水上架台(フロート)の提供を受け、SPC(特別目的会社)を通じて水上設置型メガソーラー事業に取り組むと発表した。

その第一号案件として、兵庫県加東市の西平池と東平池において水上設置型メガソーラー(合計約2.9MW)の建設を9月より開始する。3社によると西平池に建設予定のメガソーラー(約1.7MW)は水上設置型では世界最大規模となる。発電開始は2015年4月を予定している。

本事業では、現在100件を超える引き合いがあり、2014年度内には全国のため池等を対象に合計約60MWの水上設置型メガソーラーの開発を目指している。

TCLと京セラは共同出資により、2012年8月に太陽光発電事業を実施するためのSPC(特別目的会社)である京セラTCLソーラーを設立した。

今回、京セラTCLソーラーは、シエル・テール・インターナショナル(本社:フランス、日本法人:株式会社シエル・テール・ジャパン)より水上に太陽電池モジュールを設置するための浮体構造物「Hydrelio©」の提供を受け、本事業を実施する。

シエル・テールのフロートは同社が開発し特許を有しており、フランスにおいてすでに3年以上の稼働実績がある。このフロートは、紫外線や腐食に強い高密度ポリエチレン製であり、100%リサイクルが可能。また、台風に耐えうる十分なフロートの強度設計、連結技術を採用している。

本事業においては従来通り、TCLは発電設備に対するリース・ファイナンスを提供し、京セラおよびそのグループ会社は太陽電池モジュールと周辺機器の供給、建設・保守・維持管理を担う。また、シエル・テールはフロートと水上設置に関わる技術を提供する。

2012年7月に日本におけるFIT(固定価格買取制度)が運用を開始して以来、京セラTCLソーラーでは全国28カ所(合計92.8MW)で太陽光発電所を開発し、うち11カ所(合計21.6MW)はすでに運転を開始している。

全国各地で太陽光発電の導入が次々と進み、メガソーラーの用地が減少していく中で、京セラTCLソーラーでは、従来からの遊休地等を活用した地上置き型、工場・倉庫等の屋根を使用する屋根置き型の発電所の開発に加えて、新たに水上設置型メガソーラー事業に取り組むこととした。年間を通じて降水量の変化が大きい日本では、農業用ため池、河川増水時の調整池など全国に多くの池があり、これらの水面を使用し発電事業を行う。

水上設置型メガソーラーは、水上に設置することにより、冷却効果が得られ、地上置き型・屋根置き型と比べ、高い発電量が期待できる。また、太陽電池モジュールが水面を覆うことで、貯水の蒸発量の軽減や藻類の異常発生を防ぐことができるメリットもある。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.