> > 鹿児島県・枕崎空港跡地のメガソーラーが稼働 最大出力8.2MW

鹿児島県・枕崎空港跡地のメガソーラーが稼働 最大出力8.2MW

記事を保存
鹿児島県・枕崎空港跡地のメガソーラーが稼働 最大出力8.2MW

オリックスと九電工は、1日、枕崎空港(鹿児島県枕崎市)の跡地において最大出力8.218kWのメガソーラー「枕崎市枕崎空港跡地第一発電所・第二発電所」の運転を開始したと発表した。空港跡地を活用したメガソーラー事業は全国初の取り組みとなる。

枕崎空港は、1991年1月に開港した日本初のコミューター空港。枕崎市は、空港の管理・運営におけるこれまでの歳出超過累積額や、今後の財政および市民への負担を考慮し、2013年3月末で空港を廃止。事業者として選定されたオリックスと九電工がその跡地を活用してメガソーラーの開発を進めてきた。

本メガソーラーの設置面積は約12万9,000平方メートル、パネル設置枚数は3万3,544枚。年間予想発電量(初年度販売ベース)は918万5,900kWhを見込み、これは一般家庭約2,550世帯分の年間消費電力に相当する。

また、本事業では、地域貢献として枕崎市や第三セクターへの寄付により、空港ターミナルビルを活用した発電所の見学・学習スペースや天文観測所を設置している。地域住民が集う場所を提供している。さらに、空港管理会社の活用し、太陽光発電所の管理業務の一部を、空港廃止後も存続する南薩エアポート(第三セクター/空港管理会社)へ委託する。

オリックスと九電工は、2012年11に、九州地区で大規模太陽光発電の共同事業を開始すると発表。枕崎空港の跡地のメガソーラー事業は、その第一案件となる。両社は、今後も再生可能エネルギーをはじめとしたエネルギー関連事業を積極的に展開するとともに、顧客へ新しい付加価値の提供を目指していく考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.