> > 鹿児島県・枕崎空港跡地のメガソーラーが稼働 最大出力8.2MW

鹿児島県・枕崎空港跡地のメガソーラーが稼働 最大出力8.2MW

 印刷 記事を保存

オリックスと九電工は、1日、枕崎空港(鹿児島県枕崎市)の跡地において最大出力8.218kWのメガソーラー「枕崎市枕崎空港跡地第一発電所・第二発電所」の運転を開始したと発表した。空港跡地を活用したメガソーラー事業は全国初の取り組みとなる。

枕崎空港は、1991年1月に開港した日本初のコミューター空港。枕崎市は、空港の管理・運営におけるこれまでの歳出超過累積額や、今後の財政および市民への負担を考慮し、2013年3月末で空港を廃止。事業者として選定されたオリックスと九電工がその跡地を活用してメガソーラーの開発を進めてきた。

(※全文:672文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.