> > 色鮮やかに照らせる白色LED照明に期待 東北大が新しい蛍光体を開発

色鮮やかに照らせる白色LED照明に期待 東北大が新しい蛍光体を開発

 印刷 記事を保存

東北大学は、青色光励起により強い赤色発光を示すシリケート系酸化物蛍光体を開発したと発表した。本蛍光体は、特殊な設備を必要とせず、より簡便な手法で合成することができる。照明およびバックライト用として、高演色が求められる白色LED素子への利用が期待される。

本研究では、これまで緑色蛍光体として知られてきたEu2+賦活カルシウムシリケートに対して、新しい物質探索技術である「結晶サイト工学」の概念に基づいてEu2+置換サイトを制御することで、酸化物としては初めてとなる実用的な青色光励起・赤色蛍光体を実現した。

(※全文:1,497文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.