> > 燃料電池、さらに安く&長寿命に 新技術で白金使用量を90%削減

燃料電池、さらに安く&長寿命に 新技術で白金使用量を90%削減

 印刷 記事を保存

九州大学と科学技術振興機構(JST)は、白金の直径と固定密度を低減することにより利用有効比表面積を増加させる方法で、固体高分子形燃料電池セルに触媒として用いる白金使用量をこれまでの10分の1に削減することに成功した。

これにより、現在、燃料電池車1台に25万円かかっている白金のコスト化削減が非常に有利になる。また、燃料電池そのものの寿命を向上させる可能性もあり、買い替え回数を減らす効果も期待される。

(※全文:1,050文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.