> > 電気自動車の「電欠」をレスキュー! トランクに入る急速充電器が発売

電気自動車の「電欠」をレスキュー! トランクに入る急速充電器が発売

記事を保存
電気自動車の「電欠」をレスキュー! トランクに入る急速充電器が発売

マイダス・ラボ(東京都新宿区)は、EV(電気自動車)が電欠した際、その場に出向き、“EV to EV”をコンセプトに、応急充電を行う「電欠レスキュー」ソリューションとして、車載型急速充電器「ORCA Inceptive」を販売する。

米Andromeda Power LLCの本製品は日産のEV「リーフ」のトランクに搭載できるCHAdeMO(チャデモ)仕様の小型で高出力(最大出力50kW)な急速充電器。電欠車両に対し、6~10分で5kWhの電力を急速充電可能で、これにより電欠した車両は30km~40kmの走行が可能になる。

リーフに搭載した状態の製品の外観

リーフに搭載した状態の製品の外観

給電用のエネルギーにはレスキュー車自身の走行用バッテリー(日産リーフ/e-NV200の場合24kWh)を使用。レスキュー車へ発電機や追加バッテリーの搭載が不要で、EV搭載は容易なため、安価な電欠レスキュー車として提案を本格的に開始する。この急速充電器は。

ガソリン車に比べ、1回の充電で走行できる距離が短いEVへの電欠の不安は根強いものがあり、それがEVの普及を阻む一つの要因となっている。

その対策として、充電に困らない充電インフラの整備(充電器の設置を増やすこと)と、電欠しても安心な環境を作ることがあげられる。「EV to EV Concept」は、この後者にあたる電欠しても安心という側からのアプローチを提案するもの。

ガソリン車のガス欠であれば、その場でガソリンの補給が受けられるが、現在、EVが電欠した場合、レッカー移動に頼るしかない。EV to EVの充電器を搭載した電欠レスキュー車の普及により、ガソリン車と同じように、電欠してもその場で電力の補充を受けることが可能になる。

マイダス・ラボはマイクロコンピュータ開発支援事業、EV支援事業を手掛ける。なお、同社は、9月17日から19日に東京ビッグサイトで開催される「EVEX(EV・PHV普及活用技術展)2014」において、10月に発売予定の日産自動車の商用EV「e-NV200」と「リーフ」の2台を展示し、本車載型急速充電器ORCA Inceptiveの実演を行う。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.